北九州市立子育てふれあい交流プラザ 元気のもり

絵本の広場

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

なかがわ りえこ


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
大きい画像を見る

価格:

ジャンル: 絵本

出版社: 福音館書店 ( 1967-01-20 )

ISBN: 4834000826 ;

サイズ: 1016 × 724 (cm)

ページ数:28



レビュー

商品説明
???1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。
ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

???歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。

???たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。

???そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。

???「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)


カスタマーレビュー


amazonで詳しい書籍情報を見る>>


こんな本もあります

■  おおきなかぶ

■  ぐるんぱのようちえん

■  どうぞのいす

■  しろくまちゃんのほっとけーき

■  ぐりとぐらのえんそく

■  ねないこだれだ

■  ぞうくんのさんぽ

■  ぐりとぐらのかいすいよく

■  てぶくろ


				

北九州市立子育てふれあい交流プラザ
北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号AIM3階
TEL 093-522-4150
FAX 093-522-4156

北九州市子ども家庭局総務企画課
北九州市小倉北区城内1番1号
TEL093-582-2280
FAX093-582-0070

■NPO法人子ども未来ネットワーク北九州
北九州市小倉南区北方2丁目15番21号
TEL 093-932-7717
FAX 093-932-7718

AX