北九州市立子育てふれあい交流プラザ 元気のもり

やけどの場合

やけどの範囲をチェック!

緊急事態です。
濡れたバスタオルなどで体を包んで冷やしながら、ただちに病院へ!

体表面積の10%を超えると重傷です。
赤ちゃんの手のひらがほぼ1%。
片腕、片足がそれぞれ体表面積10%にあたります。
体表面積の10%以上をやけどすると、脱水や熱傷ショックをおこしやすく、輸血療法が必要となりますので、すぐに救急車で受診をしてください。

まず以下の方法で20分以上冷やしてから、病院へ!

一刻を争う広い範囲のやけど以外は、病院へ行く前に流水で冷やすのがポイントです。
5分程度では不十分。「20分」が目標です。
ただし、乳幼児は冷やしすぎると低体温になり身震いをはじめます。身震いがおきたら、それ以上冷やすのはやめ、すぐに病院に行ってください。
熱湯などで服の上から熱傷した場合は、服は脱がさず、服の上から冷やします。

皮膚障害を最小限にくい止め、痛みを軽減させるためには、まず「冷やす」が原則です。流水で20分以上、やけどの部分をまんべんなく冷やしてください。氷は冷たすぎて皮膚が痛くなり、長く冷やし続けることができません。

樹液や油を塗ったり、小さな水ぶくれでも針などでつぶすのは、感染の危険がありますので厳禁です。
体表面積の10%以上の熱傷はショックを起こす危険がありますので、入院治療が必要です。一方、服の上から熱い液体をかぶった場合は、まず服の上からホースやシャワーで冷水をかけ、水を含ませたバスタオルで全身をおおうようにして救急車を呼びましょう。

やけど防止のための注意品目

乳児〜2歳
茶わん(コップ)、魔法瓶、電気アイロン、ストーブ、電気炊飯器、電気ポット(テーブルクロスは使わない)

幼児
茶わん(コップ)、鍋、ストーブ、カップラーメン

学童
花火、やかん、鍋

北九州市立子育てふれあい交流プラザ
北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号AIM3階
TEL 093-522-4150
FAX 093-522-4156

北九州市子ども家庭局総務企画課
北九州市小倉北区城内1番1号
TEL093-582-2280
FAX093-582-0070

■NPO法人子ども未来ネットワーク北九州
北九州市小倉南区北方2丁目15番21号
TEL 093-932-7717
FAX 093-932-7718

AX